ファミレスのホール

初めてアルバイトをしたのは、大学生の頃でした。近所にあるファミレスのホールのアルバイトだったのですが、今思うとあの頃に経験しておいてよかったと思います。

仕事をしてお金をもらうということの責任感は、普通に生活しているだけでは感じることができません。接客業の基本的なこと、他のスタッフと連携することの大切さを学べたことで、卒業後社会に出たときにその経験が生きたはずです。

自分で働いてお金を得るという喜びを感じられたのはもちろんですが、お客様に喜んでもらえたり、先輩に褒められたりと、自分が役に立っているという実感を得た喜びが何より大きかったです。

ファミレスでのアルバイトを1年間経験した後、学業との両立のためホテルの朝食のアルバイトに移りました。そこではまた更に厳しい接客マニュアルを学び、職場によって仕事内容がどのように違うのか知り勉強になりました。学生のうちに、様々なアルバイトを経験して、自分に向いている仕事を探すのもいいのではないかと思います。もちろん、学業優先ですが…。大学の中で、自分に向いていることを見つけるのも大事ですが、それと並行してアルバイトの経験をするのも立派な社会勉強だと感じました。